CFOを辞めたら北海道に移住したくなった(仮)

仕事から離れ2020年の移住に向けて準備を進めるおじさんのブログです

【憧れの上高地旅】雨の上高地も嫌いじゃないよ(3日目)

上高地に到着した前日は河童橋~明神までを散策、上高地を堪能しました。

 

3日目の午前中は、前日に行けなかった大正池方面をぶらぶらしようと思ってました。

残念ながら雨脚が強まり、あきらめることになったのですが。。。

 

 

 

上高地マップを再掲。

上高地

上高地を歩く | 上高地公式ウェブサイトより)


  

早朝の上高地を散策

この日(3日目)は天気が悪いだろうと思っていた。

けど、朝4時に鳥のさえずりで目覚めると、雨は降ってない!

 

起きて!散歩に行こうよー!

 

とPT嫁をたたき起こし、4時30分に出発。

 

暑かった前日とは打って変わって寒い朝。

薄手のダウンを着て外出しました。

 

河童橋から眺める景色は爽やか

今日も良い1日になりそうだ。

f:id:haachang:20190610132106j:plain



河童橋へ足を運ぶと、至るところにニホンザルが。

ちょっと怖くて写真に撮れなかったけど、サルは人間に興味を示さない。

サル同士でケンカに夢中。

 

河童橋 上高地
河童橋 上高地

上高地は穏やかないつも通りの朝を迎えたようです。

 

上高地ビジターセンター周辺をぶらぶらして、そのあとは前日に野鳥と出会えた岳沢湿原へ向かうことに。

 

 

雨降る中を岳沢湿原へ

岳沢湿原に到着するとあいにくの雨模様に。

岳沢湿原

 

それでもすぐには引き返さずに、カッパを着て様子を見てました。

 

すると、川の中でウロウロしている黒い個体が!

カワガラス
カワガラス
カワガラス

カワガラスでした。

 

水の流れに一生懸命逆らい、顔を水の中に突っ込んで、餌をさがしているようでした。

 

前日の夜に、パークロッジ上高地で上高地の野鳥についてレクチャーしてくれるイベントがあって、そのおかげでカワガラスの存在に気付けました!

 

けど、雨が強くなり、ここで退散することに。

 

朝の6時30分頃に河童橋まで戻ってみると、ガスがかかってる状態でした。

上高地 河童橋


急に寒くなったりガスがかかったり。上高地が山中にあることを実感します。 

 

 

さようなら上高地 

チェックアウト時間ギリギリまで粘ったものの、雨は上がらず。

残念だけど、大正池方面の散策は諦めました。

 

だからと言って、すぐに上高地を離れるのは惜しい。

ということで、雨でも楽しめそうな屋内の施設へ向かいます。

 

上高地について学ぶために、上高地ビジターセンターへ行きます。

www.kamikochi.or.jp

 

すると、テラスで多くの人がカメラ・双眼鏡片手に、ある方向を凝視してました。

聞いてみると、コマドリがいるらしい。

 

たしかに、さえずりが聞こえる!

コマドリ見れるかも!テンションが俄然上がりました。

 

が、しかし、雨脚が強まるばかり。

残念ながら諦めて上高地バスセンターへ戻ることにしました。

 

1時間粘ったけど、写真撮れないわ。雨だから、仕方ない仕方ない。と言いながら引き上げていったコマドリ狙いのおじさんの笑顔が爽やかでしたよ。

 

 

 

下界 松本市へと戻る

上高地バスターミナルから沢渡駐車場へと戻ります。

沢渡駐車場からは自分の車でさらに松本市へと車を進めました。

 

下界と言っても、松本城でも標高は600mを超えるけどね。スカイツリーの高さ並みの高地よ。

 

開智学校と信州大学

せっかく松本まで来たので、話題のスポット「開智学校」へ。

www.shinmai.co.jp

 

明治9年に完成した旧開智学校は地元の大工棟梁立石清重が設計した学校建築で擬洋風建築の代表です。文明開化の時代を象徴する洋風とも和風ともいえない不思議な建築は「擬洋風建築」と呼ばれています。

重要文化財 旧開智学校 | 新まつもと物語

 

学校建築が国宝指定されるのは初なんだって。

 

この「開智学校」の前に現在の開智小学校がある。だから「『旧』開智学校」というみたいよ。

 

それと、観光地で必ず訪問する国立大学巡り。

 

 

松本では信州大学の松本キャンパスを訪問。

開智学校
信州大学

 

長野県歌「信濃の国」がブーム

長野県が好きになってから、長野県歌「信濃の国」がマイブームです。

 

 

長野県民は皆さんが「信濃の国」を歌うことができるらしいので、PTも暗記中。

news.mynavi.jp

 

ようやく1番が歌えるようになったで!(全部で6番まであるけどね)

 


信濃の国

 

開智学校の展示物として、信濃の国の解説資料が展示されていました。

f:id:haachang:20190612103835j:plain
f:id:haachang:20190612103922j:plain
f:id:haachang:20190612103838j:plain
f:id:haachang:20190612103902j:plain

 

 

 

(最後に)上高地、最高だぜ!

雨に見舞われた3日目。

最初は「雨か、残念だなぁ」という気持ちが強かったのです。

 

しかし、カッパ着て、雨に打たれて歩いてみると、雨も良いものだと。

そう感じるわけです。

一定のリズムで雨がカッパを打つのですが、それが心地良い。

 

山が急に見えたり、また急に見えなくなったり。

その景色の変化も楽しい。

 

 

「最後に」とか、締める言葉とかありません。

 

「上高地、最高だぜ!」

 

これ以上、何が言えるでしょうか。

 

また、絶対に上高地に行ってやるからな!!!