CFOを辞めたら北海道に移住したくなった(仮)

仕事から離れ2020年の移住に向けて準備を進めるおじさんのブログです

臨時収入のお陰で現金が増加し準富裕層を維持した2019年4月

f:id:haachang:20190507183558j:plain

 

4月も市場は荒れることなく平穏に終わり令和の時代を迎えました。

そんな4月の我が家の資産運用の状況をまとめてみます。

 

妻の収入のみに依存しているとはいえ、やることは全く変わりません。

目標のポートフォリオに向かってコツコツと投資信託を買い続けるのみ。

毎月積み立てるだけなので変わり映えしない記事ですがお付き合いください。

 

 

 

連休明け直前のトランプ発言の影響で令和初日のマーケットは少し荒れたね。コツコツ投資するだけのPTには関係ないけどさ。

 

  

 

4月の市場環境

f:id:haachang:20190507170440p:plain
f:id:haachang:20190507170442p:plain


 

4月の金融市場は、中国の景気指標が軒並み市場予想を上回ったこと、英国のEU(欧州連合)離脱期限が最長10月末まで延長され合意なき離脱が一旦回避された安心感などを受け、再びリスク選好の動きを強めました。

とはいえ、世界的な景気拡大の勢い自体は明確に鈍化、国際通商問題やEU離脱問題なども未決着なため、楽観論が強まりすぎる(株価急伸など)場合は要注意といえます。

レポート・コラム | 投資信託なら三菱UFJ国際投信

 

ほんと、このコラムの通りになりましたね。

 

気分良く連休に入ったと思ったら、未決着の米中通称問題に対するトランプ発言が!連休明けの前に中国が大きく下げて、5月は少し不安。

 

 

と言っても、積立購入の設定をしているので、普段は市況なんて気にしてないですけどね。

 

 

 

4月の我が家の資産の状況

2019年4月の家計状況

大きな支出が2つ発生しました。

どちらもクレジットカードで決済しているので実際に現金が減るタイミングは5月です。

 

1つ目は、四国周遊の旅の旅費。

旅費は改めて記事にまとめるとして、高速道路料金・ガソリン代・フェリー代・ホテル代・食事代の多くをクレジットカード決済にしています。

 

 

 

2つ目は、国民年金の保険料6か月分の前納。

PT妻の扶養に入れないため、国民年金に加入済です。

保険料をまとめて前納すれば少し安くなるので、6カ月分をまとめてクレジットカード払いをする手続きをしています。

→参考:国民年金前納割引制度(現金払い 前納)|日本年金機構

 

 

資産総額の推移

f:id:haachang:20190507153004p:plain



複数の金融機関口座を利用していて管理が面倒な我が家。

 

www.ptnikki.site

 

マネックス証券の「MONEX ONE(マネックス ワン)」のおかげで簡単に集計ができています。

 

ただし、住信SBIネット銀行と三井住友銀行の口座情報の取り込みがゴールデンウィークに入ってから出来なくなってるのよ。来月以降は問題なく取り込めるのか不安なんだけど。。

 

さて、我が家は4月も無難に準富裕層を維持しました。

 

4月は大きな支出がなく、また、少し臨時収入があったので現金が増加!

コツコツ積み立てた資産も順調に育ったお陰で、3月→4月にかけて+2.8%増加 という結果になりました。

  

 

資産の内訳

f:id:haachang:20190507154221p:plain
f:id:haachang:20190507154223p:plain


 

ポートフォリオ(資産構成)の集計・分析は「MONEX VISION β(マネックス ビジョン ベータ)」を利用して、画面キャプチャを貼り付けてます。

 

前月の保有比率はこちらの記事をご覧ください。

 

金額ベースで見ると、国内株式カテゴリーの資産が3月に比べて減少しました。

これは、「SBI中小型割安成長株ファンド ジェイリバイブ(年2回決算型)」というファンドを一部売却した影響だと思います。

 

国内株式カテゴリーの資産を減らしたいという目的がそもそもあって、信託報酬(コスト)の割りには運用成績が冴えなかったジェイリバイブが売却対象になったわけです。

 

 

その他のカテゴリの資産は、コツコツと積立購入を引き続き実施中。

先進国リートカテゴリーの資産と新興国債券カテゴリーの資産は、最近は特に意識して積立購入をするように設定しています。

 

 

保有する主な投資信託(残高上位5種)

4月末時点で、総資産に対する保有残高が多い投資信託を5つ紹介します。

と言いつつ、やはり前回の紹介から時間が経ってないせいか、顔触れは同じ。

 

1位 ニッセイ外国株式インデックスファンド(総資産に対して9%)
2位 ニッセイ外国債券インデックスファンド(7%)
3位 世界経済インデックスファンド(6%)
4位 ひふみプラス(5%)
5位 三井住友・DCつみたてNISA・全海外株インデックスファンド(4%)

 

1位と2位の商品は引き続き積立購入中。

3位・4位・5位の投資信託は新規で購入していないので、いずれ別の商品に抜かれるかもしれません。 

 

新たにランクインする可能性があるとすればemaxis slimシリーズのファンドかなぁ 

 

ひふみプラスは当面は保有を継続します! 

さて、悩みの種はやはり「ひふみプラス」。

こんなニュースを見つけました。

 

みんな扱いに困ってるんだろうね。資産規模が大きくなり、中型・大型株への投資や海外株への投資を始めてしまうと、今までのような値上がりを期待できないもんね。

 

売ってしまおうかとも思ったけど、とりあえず今はキープします。

f:id:haachang:20190507174640p:plain

ひふみプラス | レオス・キャピタルワークス

最近はTOPIXに対してパフォーマンスは悪くないし、 

 

f:id:haachang:20190507174042p:plain

コストも絶望的に高いわけではないしね。

 

ひふみプラスを売却するのは、国内株式を大きく減らすリバランスを実施したいときだと思います。

 

 

 

5月に家計で発生するイベント予定

ゴールデンウィーク10連休

特に遠出をせずに近所で遊んでました

10連休の遊ぶ予算を5万円に定めて、普段はできないことをしてました。

 

 

バードウォッチングの旅@長野

春から夏にかけては夏鳥が日本にやってくる季節です。

オスの鳥がメスの気を惹くために綺麗な声でさえずるのはこの時期だけ。

 

ということで、天気が良い日は野鳥を求めて外出することが多い毎日です。

 

 

zoopicker.com

 

長野はバードウォッチングが楽しめる探鳥地が多いので、鳥たちがさえずる季節に長野を訪れたいと思ってます。

 

 

仕事を再開しないかも

PT、仕事再開できないかもよ。

 

開業届を提出したんだけどね。

諸事情により仕事を始められなくなりそうです。