まずはこちらをご覧ください|結婚生活10年目が進行中です

お金の悩み以外のリタイアすることのデメリットを考えてみた

ダウンシフト(日記)
スポンサーリンク
この記事を書いた人
ぴーちく(夫)

元CFO×元FPの経歴、今は北国でダウンシフト生活を実験中の夫婦の夫の方です。

ぴーちく(夫)をフォローする

仕事を離れてリタイア状態になって約4ヶ月。緩やかな社会復帰、つまりセミリタイアを目指しつつも、今は完全にリタイアして家に引きこもり中。

リタイア生活をする中で、自由に時間を使えるリタイア生活にもデメリットがあることを感じてきました。最も大きなデメリットは毎月の収入がゼロになること。だけど金銭面の不安以外にも、不都合な事実が見えてきました。

 

リタイアすると「信用力」が目に見えて下がるという話はこちらで。

 

 

スポンサーリンク

リタイア後の生活

1週間のうち平日5日は家で独りで過ごす時間が長く、週末2日はぱーちく(妻)と外で過ごす時間が長いという生活スタイルになっています。

家にいる時間の多くは、主に読書・家事・インターネットに時間をついやし、気づいたらぱーちく(妻)が帰宅してる。そんな単調だけど平和な毎日の繰り返し。

ぴーちく(夫)
ぴーちく(夫)
リタイア生活は刺激がなくて飽きるって聞いてたけど平気。刺激が少ないくらいが今はちょうど良いのよ~

外に出ないから、何か買いたいとか何か食べたい、といった欲は独りの時に感じない。けれども、苦痛とか無理してる感は一切なくて。

 

ぴーちく(夫)
ぴーちく(夫)
「消費」を娯楽と感じる「日本人」でな無くなってきてるのか?

しかし、穏やかで平和なリタイア生活にもデメリットが隣り合わせだと気付いてきたのです。

 

 

スポンサーリンク

デメリット1:他人に話し掛ける際の適切な声量を忘れる

届かないマイボイス

営業職経験のないぴーちく(夫)でも、働いていた時は他者(他者というか仕事関係の人とか職場の人)と会話してたわけですよ。

しかし、当然のことながら、セミリタイアすると赤の他人と接する機会が極端に減少する。家に引きこもるとなおさら。最近の生活でぴーちく(夫)が接する人と言えばぱーちく(妻)とコンビニ店員くらい。しかも赤の他人との会話内容って定型な内容。挨拶とお願いごとくらいか。

 

となると何が起きるか。

ぴーちく(夫)
ぴーちく(夫)
他人に話し掛けるとき、どのくらいの大きさの声で話し掛ければ良いのか分からなくなるよ~

実感したのが2月上旬、社会保険関係の手続きをしようと健保組合の事務所に出かけたときのこと。風邪予防のマスク越しだったこともあり、受付のスタッフの方に大きめの声で

ぴーちく(夫)
ぴーちく(夫)
健康保険の任意継続の手続きはどこで相談できますか?

と質問した。すると「え?何でしょうか?」と聞き返された。

凹んだ。凹んだよ。凹んだから手続きせずに帰宅するという選択肢すら浮かんだ。

 

だけど、強い気持ちで再度質問して、無事に手続きコーナーへ行ったのです。そしてたどり着いた手続きコーナーで、今度は聞き取りやすいようにマスクを下にずらして大きめの声で

ぴーちく(夫)
ぴーちく(夫)
任意継続の手続きの相談をしにきたのですが!

と、告げた。

しかし、無情にも「え?何でしょうか?」と聞き返された。

ぴーちく(夫)
ぴーちく(夫)
1日に2回も!?そんなにPTの声は聞き取れないのか~

最近は外出してないし、他人と会話してないんだもん。仕方ない。ちゃんちゃん。

で片づけたいところだけど、だめ!だって、声も老化するらしいんだから。

 

声の老化に気をつけろ!

50代から始まる“声の老化” そのメカニズムとは? 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)の記事によると、声帯の衰えは誤嚥(ごえん)の原因になることもあるらしい。

誤嚥(ごえん)って、食物などがあやまって喉頭と気管に入ってしまうことで、肺炎の原因にもなるんです。

ぴーちく(夫)
ぴーちく(夫)
高齢者の声が小さくなって聞き取りづらくなるのも、他人と話すことが少なくなって声帯が衰えることが原因らしい、というのは何かの本で読んだ気がする。女性よりも男性の声帯は弱るらしいよ。 しゃべらないもんね。

 

下のチェックリストに当てはまる人は注意!

【7つのセルフチェックリスト】
□ 久しぶりに会った相手から、話し声が低くなったと言われる
□ 高い声が出しにくい
□ 息が続く限り「あー」と声を出して、12秒以上声が続かない
□ 声がかすれてよく通らず、店員を呼んでも気づいてもらえない
□ 滑舌が以前より悪くなった
□ 大きな声や強い声が出なくなった
□ しゃべるとすぐに疲れてしまい、人と話す機会が少なくなった

50代から始まる“声の老化” そのメカニズムとは? 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

ぴーちく(夫)は3つ当てはまる!あかん!

AERAの記事の中で声帯のトレーニング法が紹介されているから、気になる人はぜひ。

 

 

デメリット2:職業は何ですかと聞かれて困る

はい、困ります。どう返事するのがいいんでしょう。みなさんはどう答えるんでしょう。

「無職です」 が正解なんでしょうね。けど、しゃくに障るし、心理的に抵抗がある。「投資家です」そんな大そうなお金持ってないし。「主夫です」と言えるくらい家事をやってないから「家事手伝いです」か。

うーん。。。

で実際のところぴーちく(夫)がどのように答えているかというと、

今はフリーでやってます

ふわっと回答してます。「フリー」って「フリーランス」「フリー(自由)」どっちでも行けるかなって。

ぴーちく(夫)
ぴーちく(夫)
フリーってなんなん

 せっかくなんでフリーランスの仕事を探すことにしました。

 

 

デメリット3:昼間に外出すると他人の目が気になる

最初はね。最初はそうだったけど、

ぴーちく(夫)
ぴーちく(夫)
気持ちの持ちようで慣れるよ~。多少のお金を貯めてるから大丈夫でーす!とココロの中で叫んでいればOKだよ~

につきます。

若いころに、前職を辞めてから職探しをしたことがあって、その仕事探しをしている無職の期間には、他人の目が異常に気になってました。早く働かないとお金ないし、でも転職活動うまくいかないし、という精神状態が悪いときだったから、世の中すべてが敵に見えてたんでしょうね。

からだに良いことしようと夕方にジョギングを開始したんだけど、

「無職のくせに優雅にジョギングかよ!」

と勝手な被害妄想から、ジョギングから撤退した思い出もあります。完全に病んでました。

今は、ぴーちく(夫)の気持ちに少し余裕があるのと、フリーランスや在宅で働いている人も増えている世の中でもあるので、昼間っからプラプラしてても他人の目線は気にならなくなりました。

 

 

デメリット4:惰性で1日が過ぎていく恐怖を感じる

1日24時間を自由にコントロールする機会なんて、大人にはそうそうない。長期休暇があったとしても、そこそこ予定が決まっていることが多い。その予定をスケジュール通りこなしてゆくと、あっという間に長期休暇が終わってる。

だけど文字通り今は1日24時間が自由。

こんなことは大人になって初めてで、最初はうれしいけど、時間が経てば経つほど戸惑う。今日は何して過ごそうかと。

リタイア生活をスタートした直後はスケジュールを定めて規則正しく生活してたんだけど、自分を律することが苦手なぴーちく(夫)は楽に流されてしまったよ。今はやりたいことをやりたいタイミングでやるだけ。

ぴーちく(夫)
ぴーちく(夫)
YouTube見てたら日が沈んでたり、本を読んでたらぱーちく(妻)が帰ってたり。そんなこともざらさぁー

最初は規則正しい1日を過ごそうと頑張ってたんだけどね。

生活スタイルを立て直す改善案を検討中なので、決まったら発表します!

 

 

(まとめ)リタイア後の心の平安に代わるものがない

そう。

人と接することが苦手なPTにとっては、無理して人と接する必要のない今の暮らし方(リタイアして家に引きこもる状態)は、心の平安を保つことができる心地の良い生き方なのです。

ぴーちく(夫)だけ楽するのはずるい!
ぱーちく(妻)
ぱーちく(妻)

もちろん、社会復帰して多少の収入を得る必要があることも十分に認識しているので、自分の能力を活かせる仕事を少しずつ探してみます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました