CFOを辞めたら北海道に移住したくなった(仮)

仕事から離れ2020年の移住に向けて準備を進めるおじさんのブログです

【父親の介護日記】親の介護を始める前に読みたい本

親の介護に関わるようになって一番困ったのがPT自身に知識がないこと。

 

知識がないと、病院・役所・施設等で介護や病気の相談をするにも、必要十分な情報を得ることができません。特に介護する側は現役世代が多く、介護に割ける時間も限りあると思います。少ない時間を有効活用するためにも、介護を開始する前に基礎的な知識は身に付けておくことを絶対おすすめします!

(基礎知識をベースに細かな疑問は、病院・役所・施設の専門家に相談しよう!)

 

PTが実際に読んでみておすすめできる本を合計6冊紹介します。

 

 

 

基本の読むべき3冊

 

入院した直後はこれ。

介護の基本は「情報収集」と「自己申告」 と表紙にありますが、本当にそう。
この本を読んで、PTが父親入院直後に知りたかった

 今後と退院してからのフロー(リハビリ・転院・退院後の過ごし方)はどうなるか

 その時々にお金はいくらかかるのか

 自発的に申請しないと使えない制度や受け取れないお金は何か

 について、ざっくり解決できました。ざっくり、でよいです。細かなことは専門家に相談です。

 

 

退院する前がこれ。
半身まひの後遺症が残った父は、退院後に一人暮らしの自宅に戻る選択肢は取れず、PTの暮らす関東周辺の高齢者施設入居を希望。
「特養は順番待ち…」くらいの知識しかなかったPTは、この本を読んで
 入居希望してから高齢者施設に実際に入居できるまでに●年かかるのではないか?
 サ高住?老人ホーム?施設の違い。値段が安かろう、悪かろうではないのか?
 入居後にかかる費用の違いはどのくらい?
について、ざっくり解決できました。ざっくり、でよいです。結局のところ、細かな点は施設毎に違うから。

 

 

親の介護は、よほどの事情がない限りは親自身のお金(貯金や年金)の範囲内でやるのが良いです。そのための大前提として親のお金の現状を把握する必要があります。

この本を読めば、親のお金の状況を把握する際に直面しそうなことがざっくり把握できると思います。

一番難しいのは、親にお金のことを聞き出す最初のきっかけ、だったんですけどね。

 

 

補足のおすすめ3冊

介護の仕組と制度を知っても、

 介護者である自分の心理的な疲弊

 被介護者である親の気持ちを十分に理解できない

ということPTはしんどかったし、今もしんどいです。そんな時に役立った本たちです。