CFOを辞めたら北海道に移住したくなった(仮)

仕事から離れ2020年の移住に向けて準備を進めるおじさんのブログです

【父親の介護日記】意外に高いサ高住での生活費と親の介護に当たり知るべき5つの教訓(入居4ヶ月目)

 f:id:haachang:20190117105749j:plain

施設での生活にかかるコスト総額って意外と見えないですよね。PTも自分の見積もりが甘かったと痛感しました。その反省からサ高住での暮らしに掛かる費用と親の介護に当たり知っておくべき教訓をまとめました。あくまでPTの主観です。

 

 

 

生活費の予算と実績

 サ高住暮らしに掛かると入居前に見込んでいた見込み額と実際に今後掛かりそうな金額は項目別に以下の通り。なんと、当初見込みより50,000円強のオーバーという想定外の厳しい結果になってます。

 

    入居前の見込み 実際の金額 差額
1 家賃など施設利用費 ¥140,000 ¥140,000 ¥0
2 食費 ¥46,000 ¥46,000 ¥0
3 介護費 ¥20,000 ¥30,000 ¥10,000
4 通院費・薬代 ¥10,000 ¥25,000 ¥15,000
5 通所リハ代 ¥5,000   (¥5,000)
6 訪問看護・薬剤管理   ¥15,000 ¥15,000
7 水光熱費 ¥5,000 ¥10,000 ¥5,000
8 携帯電話 ¥10,000 ¥12,000 ¥2,000
9 雑費 ¥20,000 ¥30,000 ¥10,000
0 合計 ¥256,000 ¥308,000 ¥52,000

 

 

予算と実績の差額発生要因

 少しCFOだったことが伺えるでしょう?(笑)項目別に分析しました。

1家賃などの施設利用費

 サ高住の家賃と共益費と固定のサービス利用料の合計額。これは固定金額なので当初見込み額との差額は発生せず。よみやすい予算。

 ※サ高住の「サービス」 https://www.minnanokaigo.com/guide/type/sakoujyu/

 

2食費

 給食サービス。1日3食毎日使うと見込んでいた通り、実際にほぼ全て利用しているので差額は発生せず。1食平均500円で栄養管理されるから安いんだろうけど、自炊ができるようになれば息抜きにもなり(父の趣味は料理)、生活費を下げられるので望ましいんだけど。

 

3介護費

 非常に読みにくい予算。高齢者が一度体調を崩すと悪いループにはまり、要介護度があがっていく典型のケースにはまった。

 10月に部屋の中で転んで以降、「ベッドで横になる時間の増加→食欲不振→体力低下→ベッドで横になる→…」の悪いループにはまりました。その結果、

  体力面 自力での車いすへの移乗不可・トイレにも自力で行けない状態へ

  精神面 ヘルパーへの依存度増加・とにかく面倒をかける「困った老人」化

 という状況へ突き進み、とうとう要介護区分が要介護3から要介護4へと悪化。利用する介護サービスが増えることになりました。(要介護3を取得してから半年で→要介護4へ)

 

4通院費・薬代

 老健にいた時(サ高住入居前)は、老健に付属する一般内科を受診していた程度でした。しかし、サ高住入居直前に体調を崩した影響か、腎臓・糖尿の状態が非常に悪くなり、サ高住入居後は「腎臓内科」「糖尿病内科」「泌尿器科」を受診することに。

 加えて、部屋での転倒以降、自力での移動や外出が難しくなる中で、便秘・ひどい残尿感・不眠といった症状も出てきたことから、外来診療だけでなく専門外来の受診以外は訪問診療を定期利用することになりました。

 ※訪問診療は、家族が受診付き添いできない急病時に1次対応してくれるので便利ではあります。

 

5通所リハ代

 外出することで気分転換+知り合いを増やしてほしいから通所リハを当初のケアプランに入れてました。ただし、通所リハの利用条件として「車へ乗り移ることができること」がありました。当初は利用可能体調でしたが、体調が悪くなってから車への移乗ができなくなり、そもそも体調も悪いので利用しなくなりました。

 

6訪問看護・薬剤管理

 通所リハがなくなった代わりに発生したのが訪問看護(理学療法士の訪問も含む)。理学療法士は施設内でのリハビリや軽くマッサージに対応し、看護師は、体調悪化時の対応やリハビリ進捗の確認をしてくれます。

 通所リハに通えなくなりベッドで横になっている時間が増えたことで、足の浮腫みがひどくなったことからリハに代わって利用を開始しました。マンツーマンなので通所リハより高くなりますよね。

 あと、初めて知ったのが、爪切りは基本的には医療行為で、看護士による対応となるようです。特に父は巻き爪で切るのが難しいため、ヘルパーの好意による対応では難しかったようですが。

 

7水光熱費

 施設がオール電化(火災を防ぐためらしい)のため電気代が高い。水光熱費の合計額はPT家と変わらない金額!それにしても部屋にずっといるからという理由にしては高すぎる理由は、おそらく暖房費(電気代)。PTからすると汗かきそうな高温でエアコン設定してます。一度設定した温度を変更するのが面倒っぽいんですよ。これも、ヘルパー依存(なんでもやってくれる、と勝手に思ってる)の影響かもしれない。

 

8携帯電話

 なぜこんなに高いのか。スマホとタブレットの2台持ちだから。しかも契約プランがデータ20GBまで+電話かけ放題という口数少ない男性高齢者には絶対不要だろう!というプランであることが判明。ドコ●ショップ…あかんやろ、まじで。言われるがまま契約する父親もあかんけど。本人と相談して今後どうするか検討するけど、1つは解約したい。 

スマホトラブル、高齢者で深刻化 国セン事例公表

 

9雑費

 間食や日用品を買うくらいだろうと思ってたけど、大きなコストを見落としていた。それが介護タクシーの料金介護保険外のヘルパー利用

 当初は、PTの車や通常のタクシーで外出や通院に連れて行けるだろうと思ってたけど、自分で車に乗り移ることができなくなり車いすのまま移動できる介護タクシー利用が必須になりました。

 あと、自分で動くことが困難になったためPTだけで病院に連れていくことは困難になり外出付き添いのヘルパーサービス利用をすることになりましたが、これは介護保険対象外。値段はお高め。

 

 

親の介護に当たり知るべき5つの教訓

・サ高住(施設)は病院ではなく自分の家と理解させよう!家だから自分の身の回りのことは(ヘルパーの力を借りて)自分でやる必要がある、と理解させることが大切。

・転居する場合は、どういう病院・診療科目を受診することになるのか、病院の先生や施設のケアマネジャーと綿密に相談しよう。一般内科で対応しきれず専門内科の受診が必須になると、病院を探し歩くことになるし、遠くの病院に通院する場合はタクシー代など見込み以上のコストが発生する。

・介護が必要か必要じゃないかは関係ない!まずは、両親のスマホの契約プランを確認しよう!

・ 老人の転倒リスクをなめるな!転倒をきっかけに介護が必要となることもあるんだよ。あと、よほどのことがない限りは、施設入居後の自力で生活する力は「維持できればベスト」と考え、「緩やかに悪化する」と考えよう。 

f:id:haachang:20190117110913g:plain (平成29年版高齢社会白書)

 

転倒のリスクについては別の記事でまとめました。

www.ptnikki.site

  ・介護タクシーは介護保険サービスの対象になるケースあり。また自治体によっては格安で同様のサービスを提供する、もしくは、費用補助をしてくれるケースもあるから、調べてね。 

 概要 【はじめての方へ】介護タクシーの料金と利用方法について|LIFULL介護(旧HOME'S介護)

 補助の例 車いす利用者への支援(介護タクシー利用補助事業) 目黒区

 同様サービスの例 移送サービス